2008 年03月01 日

松の湯>千葉県東金市

松の湯東金 松の湯
千葉県東金市東金1407
0475-52-2634
16:00〜20:30
定休日:不定休
地図

久しぶりに「銭湯」へ行ってみた。
前回の「東千葉 喜代の湯」は千葉県とは言え、まずまず人口の多い街中の銭湯だったが、今回訪れた「松の湯」は田舎町の共同浴場と言う風情。

立地としては東金駅から徒歩5〜6分というとこか、松美庵はクルマで行ったので距離感は無いが、地図で見るとそんなもんだ。東金駅西口を降りて県道まで出て左へ曲がり、信号をひとつ越えて300mほど先に福屋という荒物屋さんの角を右へ曲がって150mぐらい先の右側。

八鶴湖地図を見てもらうとわかるが、八鶴湖がすぐそばにある。松美庵は開店時間よりちょっと早く到着したので湖畔に出てみた。中々景色良い湖である。(湖というより池程度の大きさ)
もしこれが人口の多い地域だったら、湖畔でのジョギング帰りの客で松の湯は大繁盛だろう。でも湖畔にはほとんど人は無くひっそりとしている。

写真を見ての通り昔ながらの銭湯で、併設されるコインランドリーも無し。入口や建物は昭和のまま。
中に入ると「狭い」というのが第一印象。でも昭和の風情はそのままだ。脱衣所から縁側があってちょっとした庭があり池に金魚が泳いでいた。脱衣所ではその庭を見ながら休憩できるテーブルとイスが置いてある。

浴場も狭い。浴槽は3畳ほどの大きさがひとつだけである。それがまた熱いの何の、水温を見たら45度だった。足先だけ浸かっているだけでも汗が出てくる。
ただ嬉しいのは富士山の絵が描いてあること。男湯は赤富士、低い仕切りの先に見える女湯は雲の上の富士。
桶はここでもケロリン健在!固定式のシャワーがあり、これもやたらと熱かった(~_~;)。

ということでお風呂自体はさほどの魅力は無いが、建物、周辺環境や田舎町と言う点ではレトロな雰囲気を味わえる、心休まる銭湯だと思う。


posted by 松美庵 at 07:26 | Comment(3) | 銭湯
この記事へのコメント
はじめまして。

東金に住んで3年経ったところなのですが、銭湯があるの知りませんでした!

今度行ってみます。情報ありがとうございます。
Posted by タナベ ミチノリ at 2008年05月31日 14:51
自分が松の湯に行ったときは、

・シャワーは熱湯チョロチョロ使い物にならず
・お湯は水道のようではなく、ボタンを一度押すと少し出て止まってしまう
・熱湯ボタン(熱湯)と水ボタン(冬は冷水)なので調整が難しい
・浴場が寒く、調整しながらだとなかなかお湯をあびられず、体が温まらない
・番台さんが「もう時間だからあがれ」と風呂のドアを開けて怒ってくる
・嫌がらせなのか、風呂をあがったら真冬なのに脱衣所の窓を全開

という感じでした。
Posted by 自分も行ったことがあります at 2011年02月16日 16:39
男湯に先客1人、女湯に2人いたようだ。赤富士は健在。仕切りのむこうの雲上富士もそのままだった。
残念ながら、シャワーはもう出ない。せっせと「ケロリン」でお湯をかけたよ。お湯はぬるかったなあ。その割に、油温計は43度を指していた。
地震の影響か、外壁にはひび割れを補修した後があり、また全般的な劣化はいなめないけれど、ぜひとも長く営業してもらいたいと思った。
Posted by 昨日、行ってきたよ at 2014年03月30日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。