2008 年02月12 日

さんぶの森 元気館>千葉県山武市

さんぶの森温泉
さんぶの森温泉
元気館


ホームページ

えー、管理人の松美庵が住んでいる山武市にある「元気館」だ。なんと自宅からは歩いて15分ぐらいのところにある。ま、松美庵のホーム風呂と言ったところか(^^ゞ。

山武市の市営公共施設である。メインはスポーツ施設と福祉センターらしい。経営や管理はコナミに丸投げしているみたいで、従業員はみんなコナミのロゴが入ったTシャツを着ている。

お風呂はちゃんと温泉を掘ったらしい。確かにお湯は茶褐色で塩分が含まれている。
天然温泉のお風呂と、人口温泉のお風呂が週替わりに男湯女湯に入れ替わるようになっている。
そして人口温泉の方はかなり待遇が悪い(~_~;)。サウナはテレビも無く狭い、5人程度で満員だ。また水風呂も無い。風呂場の足拭きマットも小さい。何故このように差を付けたのだろうか?

一方、天然温泉の方はまずまず7〜8人入れるサウナと水風呂が用意されている。

双方共に大風呂がひとつだけで、ジャグジーもなく露天風呂もない。ほんとスポーツした後に汗を温泉で流すだけのお風呂のようだ。
しかしせっかく高額な予算を出して温泉を掘ったのに勿体無い。その辺はお役所のやるところかな。

料金は安いとは言えない大人800円だ。これは市民でも関係なく支払わせられる。
ただ、月間パスがあって、そちらだと市民は一ヶ月5000円でかなり割安になっている。なので松美庵はそれを買ってほぼ毎日通っている(^^ゞ。

しかし相手はお役所。毎週金曜日は休み、年末年始は長期休み、何故か年に一回管理のためと称して長期休み。せっかくコナミに丸投げしているんだからスーパー銭湯並みに経営努力して欲しいところだ。


posted by 松美庵 at 07:28 | Comment(1) | 公共のお風呂
この記事へのコメント
はじめまして、松美庵様。
同じく山武市民のたろうと申します。
私はさんぶの森元気館がお気に入りでありまして、「さんぶの森元気館」で検索しておりましたらこのページがヒットいたしました。

拝見した中でいくつか「それはこうなんですよ」という部分がございましたので不躾ながら書かせていただきますね。

>経営や管理はコナミに丸投げ
フロントとプールとジムはコナミが委託を受けているとのことで、その他は市の管理だそうです。

>高額な予算を出して温泉を掘った
市内のガス採掘業者の好意で、ガス採掘時に出る温泉成分を元気館に提供しているんだそうです。ちなみに元気館までの配管もこの業者さんが設置したそうですよ。

>料金は安いとは言えない大人800円
確かにお風呂だけの料金設定ならば華の湯と同料金で1種類の風呂しか入れないとなれば不満な値段です。
でも、プールと風呂、またはジムと風呂という組み合わせで800円なので、同様の民間のフィットネスジムに高額な費用を払っていた私は、ただちに非常に安価な元気館の会員になりました。
当時の町はスーパー銭湯を作りたかったのではなく、運動を主体とした健康増進施設として作ったようなので、風呂だけをとるとやはり割高だと思いますよね。

以上、不躾な書き込み、お許しくださいませ。
Posted by たろう at 2009年08月06日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。