2008 年01月22 日

湯快爽快『湯けむり横丁』みはま>千葉市美浜区

スーパー銭湯
湯快爽快『湯けむり横丁』みはま

湯快爽快『湯けむり横丁』みはま1
ホームページ

今日はユーザー車検を自分で受けたので、美浜にある軽自動車検査協会へ行った。そこからクルマだと3分ほどのところにある 湯快爽快『湯けむり横丁』みはま へ行こうと企んでいたのだ。
車検もスムーズに終わり、湯けむり横丁へ到着したのが午前11時前、さすがに平日の午前中なので、空いているだろうと思ったら意外と人が居る。混んでいるほどでもないが、これは休日に着たら大変な混雑だろうと予想される。

この「湯快爽快」のチェーンは千葉へ引っ越す以前に、座間店茅ヶ崎店へ行ったことがあり、いずれも好印象だったので期待していた。
中へ入ると広々と昭和30年代をデザインしたお店が並び、その一番奥にお風呂の入口がある。そこでやっと入場料と言うか入浴料を支払う。
ということは、ここまでのお店で飲み食いする分には入場料はいらず、飲食だけでも良いことになる。たしかに座間店茅ヶ崎店もそういう方針だった。へたな居酒屋で飲み食いするよりも安上がりなのだ。茅ヶ崎店では仕事仲間と宴会をやったこともある(^^ゞ。

話しはそれたが、肝心なお風呂だ。こちらは流行りの源泉は無く、人口温泉だ。
内湯は小さいが種類が豊富にあり、サウナやジャグジーが楽しめる。

露天岩風呂が2つ、種類の違う人口温泉がある。面白いのは露天の庭に「あつ湯」と書かれた小屋(湯屋?)があり、入ると檜風呂風なお風呂と5人ほどの洗い場があった。屋根はあるが天井の脇が吹き抜けていて開放感がある。これは中々風情がある、ちょうど福島の飯坂温泉の市営風呂がこんな雰囲気だったのを覚えている。

サウナはまずまず広々としていてTVもあった。

ま、全体的に可もなく不可もなくというとこだ。欲を言えば座間店のような広々とした「野天風呂」が欲しかった。

湯快爽快『湯けむり横丁』みはま2さてお風呂上りに食事をしたい。レトロな町並みを再現した休憩所でちょこっと食事。この雰囲気は大好きなんだけど、もっと徹底して欲しかったかな。新横浜のラーメン博物館はかなり徹底していて、銭湯も入口だけだが再現していたし、町並みには夕焼けまでもを演出する。
そこまでとは言わないけど、期待していただけにちょっとガックシ。
面白いのは、休憩場所の真ん中に足湯があることだ。ちょこっと靴下を脱いで足だけお湯に浸かってビール飲むのも良いだろう(^^)。

駐車場のチケットも無く広いので平日ならゆっくりと楽しめるだろう、休日はどうなるのやら...
posted by 松美庵 at 11:00 | Comment(0) | スーパー銭湯

2008 年01月07 日

若葉の湯 > 千葉県千葉市若葉区

お湯処 癒し処 若葉の湯
若葉の湯ホームページ

ようやく正月の休日体制が終わり平日になった。そこで混雑を気にせず昼間行ってみた。しかし、混んでた。やっぱまだ休みの人が多いのかな...

こちらは券売機で入浴料を払うのではなく、バーコードの付いた腕輪を渡され、そのバーコードで食事や買い物が出来て、最後に清算という形式を取っている。入口すぐのとこに券売機らしき機械が幕をかぶっておいてあったので、最近システムを変えたのだろう。


お風呂場に入るとそこそこ広いスペースに所狭しと湯船が並んでいる。寝湯やジャグジーもありまずまず充実している。
露天に出ると湯船が2つと壷湯が2つあり、ひとつの湯船だけ日替わりでハーブ湯等にしているようだ。今日はレモン系の湯だった。匂いだけであまりありがたいとは思えない湯だった。
サウナも2種類ある。ロッキーサウナは良かった、5分に一度ぐらいサウナストーンに自動的に水を散布し水蒸気を発する。それでマイナスイオンもでることを狙っているようだ。TVもあって中々良い雰囲気だ。

ま、可も無く不可もなく、ごく普通のスーパー銭湯として楽しめると思う。
posted by 松美庵 at 15:00 | Comment(0) | スーパー銭湯

2008 年01月05 日

湯郷 ななえ >千葉県富里市

富里温泉 湯郷 ななえ
湯郷ななえ.jpgホームページ

今日はどこのスーパー銭湯へ行こうかなぁ〜と検索してたら発見!なんとうちから近いではないか。

朝10時オープンに合わせて行った。すでに駐車場には14〜5台のクルマ。こちらは朝と夜だけ割引料金になっているので、それを狙ってきている人も多いのか?ボクもそのうちのひとりだが(^^ゞ。

建物はスーパー銭湯らしくない雰囲気で中に入ってもそんな感じ。おみやげもの屋さんみたいだ。パっと見た感じではカットサロンは目立つが、休憩場所や食事処が見当たらない、ビールも見当たらない。

風呂場に入ると、なんと狭いことか。湯船は内湯と水風呂、露天風呂の3つだけ。ジャグジー施設もない。

ただ洗い場がブースのように区切られていて、お隣の人にシャワーが当たらないようになっている。これは助かる。更に洗い場が広くたくさん用意されているので、混雑しても待つことはないだろう。

露天へ出ると大きめな湯船がひとつドーンとある。露天と言っても屋根があり、ほとんど外の景色は見えなく、大きな窓が開いているという感じだ。住宅地の中にあるから致し方ないのだろうか?

しかし内湯も露天も天然温泉を使っていてお湯は茶色。入ってみるとヌルヌルしたようなやわらかい感触で、いかにも温泉と言う感じだ。これは評価できると思う。掛け流しではないようだが、しっかりと温泉に浸かれるのは気持ち良い。
それと露天が岩風呂で更に古いから風情がある。

風呂から出てビールでも飲もうと思ったが、見当たらない。よく探したら2階に食事処があったのだ。階段のそばにメニューが貼ってあり、安そうでも無いのでパス。
一階には多少のイスが設置してあり休めるようになっているのだが、ごく一般的な自動販売機があるだけだ。せめてコーヒー牛乳ぐらいは欲しかった。

全体的にかなり古い作りで建物も相当年数が経っていると思われる。なので最近のスーパー銭湯になれている人にとっては物足りないと思う。
露天の岩風呂は中々風情があるので、ひなびた温泉風情をちょっとだけ味わうには良いかもしれない。
ご家族連れにはちょっとお勧めは出来ない。
posted by 松美庵 at 10:00 | Comment(0) | スーパー銭湯

2008 年01月03 日

みどりの湯 都賀店>千葉県千葉市若葉区

みどりの湯 都賀店
みどりの湯ホームページ

食事を兼ねて真昼間に行ってみた。正月の3日、さすがに混んでいる、広い駐車場は7割ぐらい埋まっている。

住宅地に隣接しているこの「みどりの湯」は建物自体はさほど大きくない。ま、都内のスーパー銭湯並みといったところか。
お風呂場に入るとそれぞれが小さい湯船だが、たくさんの湯船があり、またその真ん中には天然温泉の掛け流しもある。サウナも塩サウナと普通のサウナ、とにかく種類は豊富なんだが、それぞれが狭い。
その割りに洗い場が結構広く、混んでいるのに待たずに洗えた。

露天に出るとそこそこに広々している。こちらは露天がメインなのだ。
そしてまた真ん中には「天然温泉 源泉掛け流し」の湯船がある。ホームページを見てみると内湯も露天も天然温泉をまだ載せていないようなのでまだ出来立てみたいだ。

そろそろ風呂から上がろうかと思った15時ごろになったら急に混んできた。もう湯船に浸かれるスペースはないほど...混雑するとダメだ。

こちらもやはり空いているときにもう一度来たいとこ。混んでいるから湯船も小さく狭く感じるのだ。空いていればいろんな種類のお風呂で楽しめそう。
posted by 松美庵 at 14:00 | Comment(0) | スーパー銭湯

2008 年01月01 日

市原温泉 湯楽の里 市原店>千葉県市原市

市原温泉 湯楽の里
湯楽の里ホームページ

元旦の朝一番に行けば空いているだろうと企んで行ってきた(^^ゞ。
朝は9時かららしいので、ちょっとすぎに到着。すでに駐車場には30台ほどのクルマが並んでいる。考えが甘かったか!

風情のある入口から入り、フロントで受付を済ますと迷路のようなレイアウトでお風呂場へ。途中、食事処やカット専門の床屋さん、マッサージを通り過ぎてようやくお風呂の入口。なんてことはない一周しただけだった(^_^;)。

風呂場もさほど広くないのにスペースをうまく使ってレイアウトしている。ホームページ見てもらえば判るがいろんな種類のある内湯。
中でも「シルク風呂」が気に入った。これは空気を微粒子にして気泡にするらしいが、本当にシクルのような、ミルキーなすべすべな感触になってる。気泡だけでこんなになるとは不思議だ。多少温めなお湯で心地良かった。

露天風呂は「源泉かけ流し」の市原温泉。茶色いお湯で湯船の底は見えないほど濁っている。まだ温泉が湧き出たばかりだそうで「市原温泉」の説明書き看板も新しかった。

そのすぐそばに、腰の高さぐらいの入口に「瞑想風呂(スチームサウナ)」と書かれている。すご〜く怪しい雰囲気だ。腰をかがめて中に入ると、とりあえず普通の天井の高さのある部屋になる。そして更に腰の高さぐらいの入口があり、そこから入ると真っ暗な部屋で向こうの方にかすかに明かりが見える。外が明るいので真っ暗だと目が慣れていない。よく見るとスチームサウナで石で出来てる腰掛が10個ほど置いてあり、小さい窓から外の明かりがかすかに入るような設計になっている。確かに瞑想したくなるような雰囲気が出ている(~_~;)。
スチームで施設のほとんどが見えなく、温度計も見えないが、体感温度では60度ぐらいかと思う。スチームの息苦しさもなく、さほど温度も高くないのでゆっくりと「瞑想」できる(~_~;)。中々面白い趣向だ。

ジャグジーや寝湯等もあり、お湯を楽しめる作りには感心させられる。

やはり元旦でも休みの日は家族連れのチビッコや、やたらと騒ぐ方々がいっぱい居るので雰囲気はぶち壊しだ(~_~;)。

次回は平日の昼間に行ってみたい。
posted by 松美庵 at 09:00 | Comment(0) | スーパー銭湯
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。